産後の骨盤 | 2017/02/21

こんにちは、大田区西糀谷 整体&カイロプラクティックのテイクケアです。

最近はホームページをご覧になり、特に産後の骨盤調整や、身体全体を整えたいという方の来院が増えています。

よくある症状に産後の恥骨部分の痛みがありますが、ひどい場合は恥骨離開といって、恥骨結合の軟骨に数ミリの離開が生じることもあります。

ではなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

整体では次のように考えられています。

出産時には骨盤輪が大きく広がりますが、骨盤周りの筋肉や靭帯が固いと伸び縮みが乏しくなり、結果的にひどいときは恥骨離解などを引き起こすことになるということです。

テイクケアでも女性、特に若い方の傾向として、臀部や下半身、特にハムストリングスの筋肉が固くなっていおり、上半身のわりに下半身がどっしりとしているタイプの方が多いように思われます。

これは慢性的な運動不足や、ストレスからくる身体の過緊張などが原因と考えられます。

日頃から臀部や下半身の筋肉を柔軟にしておくことが予防につながります。テイクケアではお手軽にできるストレッチや日常生活でのアドバイスなど行っています。また産後の骨盤矯正についてもホームページに記載していますので、気になる方はお読みください。

余談ですが、婦人科系の疾患をお持ちの方も、下半身の柔軟性が欠けているように感じます。

女性の皆さんは特に気にしておいてくださいね。

 

 

 

TOPへ戻る