骨盤矯正・産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ひどい腰痛に長年悩まされている
  • 体が歪んでいるのを治したい
  • 体の疲れがなかなか取れない
  • 産後の体型を元に戻したい
  • 産前からある腰痛が産後も治らない

なぜ骨盤が歪むのか知っていますか?

答え

立っている時、座っている時の加重のかけ方で骨盤は歪みます。
内臓(おなかの張り等)の影響も関与します。

加重をかけている側は骨盤が開いて後方にいき足の長さは短くなります。
それに対して荷重をかけていない側は骨盤が閉じて前方にいき足の長さは長くなります。
ですから骨盤のみを矯正しても数日でもとに戻ります。
一時的に治すのであれば骨盤矯正をします。
足の左右重心、座り方、お腹を改善させないと根本的に治すことにはなりません。

骨盤矯正の施術方法|大田区の整体&カイロプラクティック・テイクケア

テイクケアでは下肢の施術をして重心が下にくるように、なお左右均等に重心がかかるよう施術をします。そのことにより骨盤は整います。
骨盤自体を矯正したり、お腹の調整をすることもあります。
施術の後、立った時に足がきちんと地についている感じがする、と患者さんから言われます。感覚というのは徐々に鈍くなっていくので、足がついているつもりになってしまっているのです。

また骨盤の歪みや腰痛に限らず五十肩や肩こり等の疾患も、足がしっかりつけていないことが原因になる場合もあります。

大田区の整体&カイロプラクティックのテイクケアでは、その人それぞれの癖を見極めて施術します。骨盤矯正ひとつでも、その人に合った施術をするのでご安心ください。

女性向けの骨盤矯正・産後骨盤矯正|大田区の整体&カイロプラクティック・テイクケア

日頃、ハイヒールを履くことが多い女性は、足の指が使えていない、足底の偏った着地で歩くため、外反母趾、魚の目、たこ等のトラブルから足がパンパンに張るようになり、むくみや冷えなどの症状が絶えません。また足の筋肉は骨盤についているものが多いので、骨盤周辺も固くなり、お腹も張っています。
生理痛や生理不順、あるいは婦人科系疾患をもっている方も足がすごく張っていて骨盤周辺が固く歪んでいることが多いです。
このことからも分かるように、足と骨盤は関係性が強く、女性にとって重要な部分です。

通常、産後半年程度で骨盤は自然に元の状態に戻ります。ですが、現代の女性は電化製品に囲まれた便利な生活や、子供のころの外遊びが減ったため、骨盤の靱帯や筋肉が弱くなっていて自然に締まることができなくなってきています。
妊娠前に腰痛や臀部の痛み、足の付け根痛み、恥骨の痛み、お腹の張り、痔、尿漏れといった症状の無かった人が、妊娠によって出てきた場合には、骨盤のゆるみが原因になっている事が考えられます。

当院の骨盤矯正は、骨盤だけを行なうのではなく、お腹や足も調整するので、上記のような症状や生理痛等の不調が改善したり、О脚やむくみ等の改善など美容効果も期待でき、女性には嬉しい施術です!
また骨盤の靱帯や筋肉が弱くなっている方には、骨盤を締める体操を指導させて頂きます。

★患者様へ★

テイクケアでは患者様の安全に配慮して産後の骨盤矯正を行います。詳しくはお問合せください。

患者様の声

大田区 20代 女性 左右の足の長さの違い

テイクケアの先生に骨ばんを治してもらいました。
ズボンを買って、スソ上げ時に左右の長さが違うのがいつも気になっていました。治りょうをして頂いてから、なぜ骨ばんがずれてしまうのかを教えてもらいました。
先生に教えて頂いたことを、日々の生活で少し気をつけただけで、足の左右の長さが気にならなくなってきました。

症例

大田区 30代 女性 産後骨盤矯正

妊娠前から肩こり、腰痛で来院していて妊娠中も診ていました。産後1ヶ月くらいから腰が痛いと来院。

骨盤の靭帯の緩み、足のねじれが原因でした。
足の長さがバラバラだったので、骨盤矯正と足のねじれを取る施術にて、一回で痛みがなくなりました。
家でもできる骨盤を締める体操を指導させて頂きました。

TOPへ戻る